日本ヴォーグ社
L'ecrin Flower ─新しい花の立体クラフト─ レカンフラワーー
テクニック

ほかのフラワークラフトとの違いは・・・

押し花
自然の花や葉を平面状態で乾燥させる。額密封内での変色防止技術により、芸術的な発展がある。
ドライフラワー
自然の実や葉を立体状態のまま乾燥させたフラワーアレンジメント。
ブリザードフラワー
自然の花や葉を立体状態で脱色を行い乾燥させ、人工的に着色するフラワーアレンジメント。
レカンフラワー
自然の花や葉を立体状態で乾燥させている。額装内での変色防止技術により、芸術的発展がある。

レカンフラワーの乾燥技法について

レカンフラワーの乾燥方法には、主に下記の4つの技法があります。それぞれの特性を生かし、いろいろな表情の乾燥花を作ることができます。
ネッティングドライ
植物の乾燥により縮れ(葉紋)を生かし、仕上げる乾燥技法。乾燥工程の圧力調整しながら、自然に仕上がりを生かした技法。
アイロンドライ
アイロンで、葉の縮れ(葉紋)を調整し、部分的に乾かし、仕上げる方法。
サンドドライ
ジュエルサンド(特殊細球状のシリカゲル)を使用した手軽な乾燥技法。生花のような自然な仕上がりになる。
リキッドドライ
特殊アルコールを使用した乾燥技法。サンドドライと同様に生花のようなリアルな仕上がりになる。

密封技法について

柔軟性のあるシートによる密封と、BOX(箱)型の密封技術があります。フレーミング(額装)することにより、変色防止テクニックを学びます。